S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
My Web Album
Picasaウェブアルバム
中国1ヵ月と中東・東欧2ヶ月のたびの写真です。
My Bookshelf
本棚
読んだ本、読みたい本の置き場所。
CAUTION
掲載情報を利用したいかなる結果に対しましても、当サイトの管理者は一切責任を負いませんので、自己責任においてご利用ください。
当サイトからの画像・文章・ソース等の無断転載および引用・複写・模倣等は固くお断りいたします。
カテゴリ
ソフィアより
ソフィアという都市を知っていますか?ヨーグルトで有名なブルガリアの首都です。どうやら、今年の年越しはこの都市ですることになりそうです。というのも、物価は安いは、物は揃ってるはでよい条件ばかりなのですが、なにより宿がいい。もう、この良さは泊まってみないとわかりません。これで1泊6ユーロですから、驚きです。

さて、これまでは、エジプト、ヨルダン、シリア、トルコと経てここに至るわけですが、やっとイスラム圏を脱出したわけです。振り返ってみると、急ぎ足できてしまった感もあり、行きたい所もあるのですが、とりあえず、イスラム圏は当分勘弁です。旅行しにくいわけでもなく、物価も安いのですが、みやげ物の購入は勿論、交通費やツアー代、食事にいたるまであらゆるところで価格交渉をしなければならないということに疲れました。適当な定価があることが一番です。中東の印象は、とにかくぼったくってくるという印象しかありません。

さて、これからの予定は、当初はブルガリアからルーマニア、ハンガリーと普通なコースを行くつもりでしたが、予定を変更して、ベオグラード、サラエボ、ドブロクニフ、ザグレブを追加しようと思います。これも、中東を駆け足で飛ばした成果です。ベオグラード、サラエボは、当然のごとく旧ユーゴスラビア紛争の激戦地でありました。ベオグラードにNATOが空爆を仕掛けたのは記憶にあるかと思います。中東では、エルサレムを横目に見ながら行くことが出来ませんでした。今回は、金銭面的にも日程的にもこれらの地に寄り道するのに障害はありません。それならば、これらの地を自分の目で見てこようと思いました。ドブロクニフは、紛争とは関係なく、かの魔女の宅急便にそっくりな街という事で、ここも行ってみたいと思ったのでした。アドリア海に面した、美しい港町だそうです。
[PR]


by torieru | 2005-12-31 02:22 | Travel
<< 土産について ガラベーヤ >>


タグ
最新のトラックバック
3枠5枠を狙い撃ち!【第..
from 中央競馬GⅠ予想
カルストンライトオ一人勝..
from 中央競馬GⅠ予想
北九州記念@今週の買って..
from どろ沼
七夕賞&マーメイドS 予想
from CGetの馬事争論
ブログ競馬新聞Trot「..
from Trot 〜こにたんの競馬予..
以前の記事
その他のジャンル
Twitter
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧